Jones-Collins Astoria Hot Eight

一言メモ

レコードの録音セッションのために集められた。
4曲の録音を残している。

活動時期

1929年

主要メンバー

Lee Collins (trumpet , co-leader)
Sidney Arodin (clarinet)
Ted Purnell (alto sax)
Devid Jones (tenor sax , co-leader)
Joseph Robichaux (piano)
Emanuel Sayles (banjo)
Al Morgan (bass)
Joe Strode Raphael (drum)

変遷

Jones-Collins Astoria Ballroom Orchestraのメンバーを中心に、レコーディングのために集められた。

この楽団のクラリネット奏者であったEdmond Hallが脱退した直後であったため、代わりに白人のSidney Arodinがレコーディングに参加し、当時としては珍しい黒白混成録音となっている。

トロンボーン奏者のEarl Humphreyも不在。バンジョーもレギュラー奏者のRene HallからEmanuel Saylesに代わっている。バンジョー奏者交代の理由については、Rene Hallが若くて実力に不安があったからとする話もあるが、Rene HallとEmanuel Saylesはほぼ同世代であるから、信頼できる話かはわからない。純粋に実力主義だったのだろうか?

アレンジは、双頭リーダーの一人、Devid Jonesによるもので、さすがはシカゴ経験者というべきか洗練されたものになっている。もう一人のリーダーのLee CollinsもKing OliverやJelly Roll Mortonと演奏していた実力者で、やはり堂々とした演奏ぶりだ。

録音メンバーのJoseph RobichauxEmanuel Saylesは、George Lewisのバンドで来日したこともあり、歳をとってからの演奏がよく知られているが、この二人の20代の頃の演奏という意味でも貴重な資料ではないだろうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ