The Washingtonians

一言メモ

バンジョー奏者のElmer Snowdenをリーダーとしていたが、金銭トラブルにより、リーダーをDuke Ellingtonに交代。新しいバンジョー奏者としてFred Guyを加え、同名義でレコーディングもしている。

活動時期

1921年~1924年

主要メンバー

Elmer Snowden (banjo , leader)
Duke Ellington (piano)
Bubber Miley (cornet)
Charlie Irvis (trombone)
Otto Hardwick (clarinet, alto sax)
Fred Guy (banjo)
Sonny Greer (drums)
Arthur Whetzel (cornet)

変遷

Duke Ellingtonがリーダーを務めた最初のバンドであるThe Duke's SerenadersのメンバーであったOtto HardwickやArthur Whetzelに、ニューヨークから仕事に来ていたSonny Greerを誘い、Duke Ellingtonが1919年頃にThe Washingtoniansの母体となるスモール・グループを作ったと言われる。

1921年にボルティモアから来たElmer Snowdenが参加し、The Washingtoniansと名乗るようになり、この時からElmer Snowdenがリーダーを務めた。

ワシントンでの音楽活動は順調ではあったが、メンバーは刺激を求めていたようで、1922年にDuke Ellington、Sonny Greer、Otto Hardwick、Arthur Witzelは、ニューヨークに行っているが、この時のニューヨークの演奏は不評であり、数か月で戻ってきている。

1923年の4月にワシントンに音楽の仕事で来ていたFats Wallerに、再びニューヨークに誘われる。しかしながら、いざニューヨークに行ってみると、Fats Wallerが口をきいてくれるはずであった仕事は、Count Basieに先を越されてしまっており、バンドは途方に暮れることとなる。Elmer Snowden、Duke Ellington、Sonny Greer、Otto Hardwick、Arthur Witzelの5人編成でワシントン時代の友人を頼り、演奏活動をつづけたようだ。

また、Duke Ellingtonが借りていた部屋の家主の紹介でHollywood Cafeで1923年9月から演奏の仕事を始めたが、ここでの演奏は評判になり、この店では1927年頃まで演奏を続けることとなった。(Hollywood Cafeは、1924年4月に火災を起こし、1925年3月に新装開店した時にはKentuckey Clubと名を変えた)

1924年になると、トロンボーン奏者のCharlie Irvisが加入、Arthur Whetzelが学業を続けるためにワシントンに帰京すると、その後釜にはBubber Mileyが迎えられた(Bubber Mileyの参加は、Charlie Irvisの推薦であったという)。バンドメンバーの交代があったわけだが、更にリーダーのElmer Snowdenとバンドメンバーの間に金銭トラブルが起こり、Elmer Snowdenがバンドを去るという事件があったのもこの時期である。

Elmer Snowdenに代わり、The Washingtoniansのリーダーを務めることとなったDuke Ellingtonは、リズムの強化を図るため、ニューヨークに来て以来親交があった友人のバンジョー奏者Fred Guyを加えた。

1924年11月に行ったレコーディングは、Duke Ellington、Bubber Miley、Charlie Irvis、Otto Hardwick、Fred Guy、Sonny Greerの6名編成で行われた。"Choo Choo"と"Rainy Nights"の2曲が吹き込まれている。翌1925年にも2曲の吹き込みを行っているが、こちらには、Bubber MileyとSonny Greerは不参加であった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ