Bennie Moten

基本情報
生年月日
1894/11/13(Kansas City, Missouri)
命日
1935/04/02(Kansas City, Missouri)
使用楽器
経歴

ミズーリ州のカンサスシティで生まれた。母親がピアニストで、幼い頃からこの母親にピアノを教わっていたりもしたようである。1918年から 1922年頃までラグタイムのトリオを率いるなど、生まれ故郷でさまざまなバンドでプレイした。1923年にOkehレーベルに吹きこんだのが初録音である。

1920年代から1930年代半ばまでのカンサスシティのジャズ界をリードした。1920年代のカンサスシティで人気があったバンドのリーダーを三人あげるとするならば、Bennie Moten自身とGeorge E.Lee、そしてWalter Pageだと言われる。そのWalter PageのBlue Devilsの中心メンバーを次々に引き抜き、Count BesieやJimmy Rushing、Hot Lips Page、Walter Pageといった一流ミュージシャンを擁したのだから、人気が出ない方がおかしい。1932年にはBen Webster、その後もLester Youngが加わるなど、このバンドは絶頂期を迎える。

しかし1935年のこと、扁桃腺の簡単な手術であったというが、親友であった医者の手術を受けたところ、頚動脈切断という失敗で、Bennie Motenは出血多量で亡くなった。この死にはいくつかの噂があり、手術が失敗した原因についてはさまざまな伝説的な噂が流れた。未熟な医者見習いが手術をしたという説や、友人である医者と前日の夜遅くまで飲み歩いていて、つまりは酒気帯び手術であったという説がある。

Bennie Motenの死後、このバンドの中心メンバーが集まってできたのが、あのCount Besie楽団である。

サブコンテンツ

このページの先頭へ