Bill Johnson

基本情報
生年月日
1872/08/10(New Orleans, Louisiana)
命日
1972(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
, ,
経歴

1890年ごろから、ギターを演奏していた。ベースに転向したのは1900年のこと。ニューオリンズのサロンでトリオのバンドを組んでいたほか、Excelsior Brass BandやPeerless Brass Bandなどのブラスバンドでチューバを演奏した。また、Eagle Bandにも参加していた。こうしたニューオリンズでの音楽活動は、1910年ごろにカリフォルニアに移り住むまで続く。

1914年には、Freddie Keppardを擁したOriginal Creole Orchestraを組織(一説によるとFreddie Keppardがリーダーであったと言われる)。1918年ごろまでツアーし、各地の若いミュージシャンに影響を与えた。d Garlandによると、このツアー中にBill Johnsonは従来の弓を使う奏法ではなく、指で弦をはじく奏法でプレイしていたという。推察するに、ジャズ・ベース奏法の約束事の多くは、Bill Johnsonによって創造され広められたものかもしれない。

1918年から1925年の間、King Oliver’s Creole Jazz Bandに参加しているのも述べておくべきだろう。このバンドではバンジョーも演奏していた。だが、Bill Johnsonの真骨頂はバンジョーの演奏ではなく、ベース奏者としての演奏にあると思う。厚みのある2ビートがすばらしい。

若いベーシスト、例えばMilt Hintonなどに大きな影響を与えた彼だが、一般的な知名度でいえばPops FosterEd Garlandに及ばない。戦後のニューオリンズ・リバイバルの流れの中で、これといった活躍をしていないことがその理由と思われるが、もっと知られていてしかるべき人である。

サブコンテンツ

このページの先頭へ