Buddy Petit

基本情報
生年月日
1897(White Castle, Louisiana)
命日
1931/07/04(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
経歴

ニューオリンズの西100マイルほど離れた小さな町ホワイトキャッスルで、1895年に生まれたこの赤ん坊は、はじめJoseph Crawfordと名付けられた。父親が亡くなった後に、母親は5歳(1900年前後のことである)のかれを連れニューオリンズに移住し、トローンボーン奏者であるJoseph Petitと結婚した。その時、彼の名字をPetitに変えたため、父親の名前との混同を避けるため、ファーストネームをBuddyとした。

Buddy Petitが音楽をはじめたのは、おそらく継父の影響であり、ニューオリンズに移り住んだ直後のことであろうと思われる。Bunk Johnsonに教わったと言われているが、のちにLee CollinsやPunch Millerなどは、Buddy PetitのプレイスタイルはBunk Johnsonにそっくりだったと回想している。

20歳の頃に一度Jelly Roll Mortonと一緒にロサンゼルスに行ったが、滞在することなくニューオリンズに戻ってきている。その後、ニューオリンズでダンスバンドやブラスバンドのリーダーとして成功したが、シカゴに行ったジャズメンのように名が知られることはなかった。

Danny Barkerは、「Buddy Petitのレコードを作らなかったのはアメリカの犯した大きな過ちだ」という発言をしているが、実際Buddy Petitのニューオリンズでの人気は凄く、一年先まで仕事の予約がいっぱいだったと伝えられる。当時のニューオリンズのジャズシーンをリードしていたのは確かなようだ。録音が残っていないのは残念だが、Natty DominiqueBuddy Petitに似ているという証言も残っている。この伝説的なコルネット奏者のプレイについては、今となってはこうした証言から類推するしかないのである。

サブコンテンツ

このページの先頭へ