Don Murray

基本情報
生年月日
1904/06/07(Joliet, Illinois)
命日
1929/06/02(Los Angeles, California)
使用楽器
, ,
経歴

時にはテナーサックスも演奏したクラリネット奏者だ。ヴァイオリンも弾けたそうだ。伝説的なコルネット奏者Bix Beiderbeckeの音楽仲間として有名である。録音上残っている最も初期のDon Murrayの演奏はNew Orleans Rythm Kingsに参加した1923年のものであろう。その後、1927年までJean Goldketteの楽団に参加。Bixとは1925年と1927年に録音もしている。1927年は、その他にFrankie TrumbauerやAdrian Rolliniと活動。Joe Venutiとは1928年まで演奏した。

1928年には映画館専属バンドでの演奏に加わるようになる。例えば、Don Voorheesをリーダーとする楽団などがそれである。またこの時期は他にもいくつかのバンドに加わっていたようだが、この熱心な音楽活動の結果であろうか、Don MurrayはハリウッドのTed Lewisの映画の撮影に参加することとなった。

しかしながら、この「Is Everybody Happy」の撮影中に悲劇は起こる。転倒して頭部を打ち、これがもとでDon Murrayはその短い生涯を終えた。転倒の原因は、酒であったと伝えられる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ