Elmer Snowden

基本情報
生年月日
1900/10/09(Baltimore, Maryland)
命日
1973/05/14(Philadelphia)
使用楽器
,
経歴

Elmer Chester Snowdenは、1900年にメリーランド州ボルティモアで生まれた。15歳の時にはEubie Blakeとボルティモアのダンス学校で演奏の仕事をしていた。また、無声映画の伴奏などもしていたようだ。1919年にはWashington Trioを結成するが、かれがDuke Ellingtonと演奏したのは、このWashington Trioが最初であったという。

1921年には自身のコンボを率いていたそうで、1923年にこのバンドを連れてニューヨークへ行く。このThe Washingtoniansというバンドは、メンバーにBubber MileyやOtto Hardwick、Sonny Greer、そしてDuke Ellingtonといった実力あるミュージシャンを擁し、後のDuke Ellington楽団の母胎となった。Elmer SnowdenThe Washingtoniansから離れると、Duke Ellingtonがこのバンドのリーダーになり、バンジョー奏者のFred Guyが加入する事となる。

1920年代後半から1930年代初めにかけても自身のバンドを持っており、Count BesieやJimmie Lunceford、Bubber Miley、Frankie Newton、Tricky Sam Nanton、Chick Webb、Benny Carterがこのバンドに参加している。以後もさまざまなバンドのリーダーとして活躍し、1930年にはRex Stewart、Jimmy Harrisonなどと演奏し、1932年の彼のSmall Paradise OrchestraにはRoy Eldridge、Dicky Wells、Sidney Catlettが参加していた。当時のニューヨークには、Elmer Snowdenの名を冠したバンドが少なくとも5つはあったという。(そのうちの一つは、実際はCliff Jacksonのバンドであったそうだ)

1930年代後半には、Elmer Snowdenはフィラデルフィアに移る。フィラデルフィアでは音楽教師をするだけでなく、多数のバンドを率いていたという。1942年にはJoe SullivanとTrioを結成している。1940年代を通して、フィラデルフィアとニューヨークでバンドリーダーとして活躍した。1950年代にはカルテットを結成しカナダを巡演する。

1960年にはCliff Jacksonとレコーディング。このレコード「Harem Banjo!」では、Elmer Snowdenはチューニングを低くしたテナーバンジョーを演奏しているが、そのプレイスタイルには、幼い頃演奏していたマンドリンの影響があるのではないか、という説もある。それにしても、ここでのバンジョーカルテットという編成は、他ではなかなか聴く事の出来ない貴重なものではないだろうか?

最晩年の録音では、1967年のベルリンのジャズ祭でのものが残っている。 1968年にはフィラデルフィアに定住し、1973年に亡くなるまで同地で活躍した。

サブコンテンツ

このページの先頭へ