Emanuel Sayles

基本情報
生年月日
1907/01/31(Donaldsonvillie, Louisiana)
命日
1986/10/05(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
,
経歴

Emanuel Saylesは、 1907年の1月にルイジアナのドナルドソンヴィルで生まれた。早い時期にバイオリンやビオラなどを学んだ事もあるそうだが、バンジョーとギターについてはまったくの独学であったようだ。フロリダのほうで高校に通った後、ニューオリンズに移る。その後共演したミュージシャンには、Fate MarableArmand J. Piron、Sidney Desvigneなどがいる。

1929年にはJones-Collins Astoria Hot Eightのレコーディングに参加。このバンドのレギュラーバンジョー奏者はRene Hallであり、Saylesはこのレコーディングのための急遽の参加であった。録音された4曲のうち『Damp Weather』はSaylesの作曲となっている。この一連の録音ではソロを聴く事もでき、若き日のSaylesを知るための貴重な資料となっている。

その後、1933年にはシカゴに移り、自分のバンドを持つこととなる。シカゴでは、このバンドの他にも、さまざまなバンドを巡っていたようである。ニューオリンズに戻ったのが1949年というから、30年代から40年代にかけては、ほとんどシカゴで演奏していたという事になる。

ニューオリンズに戻ってからのSaylesは、地元のさまざまなプレイヤーと共演しているが、まず特筆すべきはGeorge Lewisであろうか?George Lewisのバンドには、Lawrence Marreroの死後参加し、1963年には日本公演で初来日。続く1964年にも来日している。聞くところによると、Marreroの名演で有名な「Sunrise」が嫌いであったそうだ。確かに来日時の映像で確認する限り、「Sunrise」のソロの時だけ少し苛々しているようにもみえる。他の曲の演奏中はにこやかなのだから、この彼の苛立った様子はあまりに目立つ。おそらくこの話は事実なのだろう。

プレイスタイルに関しては、いわゆる「鈴の音奏法」のほか、ソロにおいては単弦フレーズも聴く事ができる。Louis Cottrellのトリオ(1961年)では、ギターでかなり洗練されたフレーズも弾いている。だが、Sweet EmmaのPreservation Hall Jazz Bandなどで聴く事のできるバンジョーらしいプレイの方が、個人的には好きだ。1962年のリーダー作での彼のボーカルも味がある。他には「Banjo On Bourbon Street」でのバンジョー2本とベースによるトリオが面白い。

サブコンテンツ

このページの先頭へ