Emmett Hardy

基本情報
生年月日
1903/06/12(Gretna, Louisiana)
命日
1926/06/16(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
経歴

まさに伝説的な人物である。

ルイジアナ州のグレトナに生まれ、Papa Jack Laineのもとでコルネット修行をしたらしい。15歳でプロになった後、さまざまなバンドを渡り歩いた。リヴァーボートのCapitol号のバンドにいた時に(19 歳の時とされているが?)、Bix Beiderbeckeの故郷のダヴェンポートに立ち寄り、当時まだコルネットに習熟していなかったBixにコルネットの吹き方を教えたとされている。

Paul Maresの証言によれば、1919年の時点でEmmettは、10年後にBixが吹いたのと同じスタイルで吹いていたのだという。その他にも証言者は多数存在し、Jimmy Dorseyによると、Bixは「ジャズの奏法はHardyに習った」と言っていたそうだ。これらの話はBix Beiderbeckeのコルネットは独学によるものだとする従来の説から考えると、にわかには信じがたいものである。しかし、BixはEmmett Hardyの摸倣者にすぎないという証言が多数存在するのも事実なのである。

また、1921年にはLouis Armstrongに吹き勝ったという話が残っている。約一時間のトランペット・バトル(曲はHigh Society)の末、最後にLouisは自分のトランペットを置いて、「君こそがジャズ王だ」と言ったそうだ。Louis本人によって否定されている話ではあるが、幾人かのミュージシャンがこの事件を目撃したと証言している。

これらの話が、どこまで事実かはわからないが、シカゴでNew Orleans Rythm Kingsと演奏をしたというのは、ある程度信憑性のある話らしい。レコードが一枚も残されなかったこと、そしてはっきりした記録がないことで、すべては推測で語るしかないが、彼が22歳の若さで死ななければジャズの歴史に名を刻んでいたかもしれない。

ちなみにBoswell Sistersの次女であるMartha Boswellは、彼の恋人であったそうだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ