Fred Guy

基本情報
生年月日
1897/05/23(Burkesville, Georgia)
命日
1971/11/22(Chicago, Illinois)
使用楽器
,
経歴

Fred Guyといえば、やはりDuke Ellington楽団である。ニューヨークで育った彼は、Joseph C. Smith楽団で働き、その後自分の楽団も持っていたようだ。しかしながら、1925年春にそのグループのリーダーであったElmer Snowdenの後釜としてDuke Ellington楽団に加わった後は、1949年に退団するまでの24年間、この楽団のリズムセクションの一員として活動した。

30年代初期まで、Fred Guyはバンジョーを弾いていたわけだが、Ellington初期のいわゆるジャングル・スタイルは彼のバンジョーの効果によるところが大きいだろう。その後、Fred Guyはバンジョーからギターに持ち替えるわけだが、それ以降はソロ等はほとんどとっていない。しかしながら、彼のこの楽団での重要性は、1949年に彼が退団したあと、Duke Ellingtonがレギュラーのギター奏者を雇っていない事からも推測できる。

1949年以降は、ダンスホールのマネージャーなどをして過ごし、その後ミュージシャンとして復帰することはなかった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ