George Baquet

基本情報
生年月日
1883(New Orleans, Louisiana)
命日
1949/01/14(Philadelphia, Pennsylvania)
使用楽器
経歴

父親のTheogene V. Baquet(1858~1920)は、Excelsior Brass Bandを組織し、1880年から1904年まで同ブラスバンドのリーダーを務めたという偉大なる音楽家であった。ちなみに、弟のAchille Baquet(1885/11/15 ~ 1956/11/20)は Papa Jack LaineのReliance Brass Bandのクラリネット奏者で、後にOriginal New Orleans Jazz Bandで録音も残している。

George Baquetは、 14歳の時に父親がリーダーを務めるLyre Club Symphonic Orchestraに、E-flatのクラリネットで参加した。これが彼のデビューであった。その4年後の1900年にはOnward Brass Bandに加入。1901年から1902年にかけては、Manuel Perezがリーダーを務めていたImperial Orchestraで演奏。当時のニューオリンズのトップバンドで活躍する。また、1902年から1904年にかけてはミンストレルのツアーにも参加した。

このツアー後も、さまざまなニューオリンズのバンドで演奏したそうだが、Buddy Bolden’s BandやJohn Robichaux’s Orchestraに加わる機会もあったようだ。1906年にはSuperior Band、1908年から1914年にはMagnolia OrchestraとOlympia Orchestra。この一連のバンドでの活躍で名が知られると、Bill JohnsonのOriginal Creole Orchestraに誘われ、ニューオリンズを離れることになる。その後しばらくは、シカゴやニューヨークで活動した。1917年には自身のバンドを率いてフィラデルフィアへと移る。1930年代には、このバンドはGeorge Baquet’s Swingstersとして知られることになる。

手に入りやすい音源としては、1929年のJelly Roll Mortonとの録音がある。その演奏自体を聴く限りでは、普通のクラリネット奏者に過ぎないという感がしないでもない。しかし、この頃のGeorge Baquetが全盛期ではなかったことも考慮するべきだろう。

George Baquetは、幼い頃のSidney BechetやJimmie Nooneに多大な影響を与えたと言われる。また、一般的にはAlphonse Picouの業績とされている「High Society」の有名なソロも、実際にはGeorge Baquetが考案したものとも言われる。偉大なる初期のクラリネットのパイオニアであった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ