George Lewis

基本情報
生年月日
1900/07/13(New Orleans, Louisiana)
命日
1968/12/31(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
経歴

本名は、George Lewis Francis Zenoという。彼が育った家の近くには、Freddie KeppardやManuel Perez、George Baquetなどが演奏をするホールがあり、最高のミュージシャンの演奏を日常的に聴く事ができるという最高の環境であったようだ。しかしながら、かれの家庭は他の黒人たち同様に貧しく、クラリネットを買うにも何年かがかりで貯金をしなくてはならないほどだったという。かれが、初めてのクラリネットを手に入れたのは16 歳の時であった。

1917年には、Lee CollinsがいたBlack Eagle Bandに参加しするが、これがGeorge Lewisのデビューバンドということになる。1920年代はBuddy PetitKid Rena 、さらにKid Oryなどのバンドで働いたという。1923年にはEureka Brass Band に参加する。またOlympia Bandにも1932年まで在籍していたようだ。1930年代のはじめ頃、Bunk Johnsonが参加していたEvan ThomasのBlack Eaglesに加わるが、このバンドでGeorge Lewisにとってはショッキングな出来事が起こる。このバンドのリーダーでありトランペットを吹いていたEvan Thomasが、ステージの上で殺害されたのである。理由は女性関係のもつれであったそうだが、この事件がきっかけでGeorge Lewisはジャズから離れ、港で荷物運びをして生計を立てるようになる。

1942年に、George Lewisと同じくEvan Thomas殺害事件をきっかけに引退していたBunk Johnsonが、リバイバルブームで再発見されると、そのバンドのクラリネットとしてGeorge Lewisが起用される事になる。1944年からBaby DoddsがこのBunk Johnsonバンドに参加していることも述べておくべきだろう。Georgeのオリジナル曲である「Burgundy Street Blues」が作られたのも、この頃の事だ。

1949年にBunk Johnsonが死ぬのと前後し、リバイバルブームの波はひきはじめるが、George Lewisは自分のバンドで演奏を続けた。1950年代の後半にはヨーロッパを旅行し、1963年には初来日する。その後1964年、1965年と日本にやってきている。またこの頃ニューオリンズにPreservation Hallがオープンし、George Lewisもここで演奏するが、かれのバンドはこのホールで高い人気を得ていた。1968年になくなる直前まで、このホールで演奏を続けていた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ