Henry Kimball

基本情報
生年月日
1878(New Orleans, Louisiana)
命日
1931(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
経歴

最初期のベース奏者の一人である。1894年にJohn Robichaux楽団に参加し、チューバが主流だったこの時代に、ストリングスベース(弦のベース)を演奏していた。その奏法は、弦を指ではじく後のジャズベースのようなスタイルではなく、あくまでチューバの代用品としての、弓を使っての演奏であったと推測される。

1894年から1919年まで、実に25年という長期にわたってJohn Robichaux楽団に参加した。そのため、John Robichaux楽団のベース奏者としてのイメージが強いが、もちろん他の楽団でも活躍している。1920年代初頭にはJelly Roll Mortonの楽団に参加し演奏旅行をしているし、Manuel Perezとも演奏をした。1920年代後半にはWalter Pichonとニューオリンズで演奏し、息子がバンジョー奏者を務めるPapa Celestinのバンドにも参加する事があったという。

Henry Kimballリバーボートで有名なFate Marable楽団のメンバーとしても知られているが、時期的には1920年代半ば頃のことだと思われる。1924年にはこの楽団で2曲ほど録音も残している。

バンジョー奏者として知られているNarbin Kimballの父にあたる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ