Honore Dutrey

基本情報
生年月日
1894(New Orleans, Louisiana)
命日
1935/07/21(Chicago, Illinois)
使用楽器
経歴

Honore Dutreyは、1894年にニューオリンズで生まれた。兄に、クラリネット奏者のSam Dutrey Snr.とヴァイオリン奏者のPete Dutreyがいる。17歳の時にKing OliverがいたMelrose Brass Bandに加わったのが、Honore Dutreyのデビュー(1911年)。King Oliverとは、1907年の時点で一緒に演奏していたという記録もある。

兄のSam Dutrey Snr.がいたSilver Leaf Orchestraに加わったのが1913年頃の話で、その後はNoone-Petit OrchestraやJohn Robichaux’s Orchestraなどさまざまなバンドで活躍していたようだ。Excelsior Brass Bandで演奏したという記録もある。

こうしたニューオリンズでの活動は、徴兵され海軍に配属された1917年まで続く。1919年に懲役を終えることになるが、この2年間にわたる懲役期間の最中にHonore Dutreyを悲劇が襲った。軍での事故が原因で肺を痛めてしまったのである。トロンボーン奏者にとっては致命的な事だったのではなかろうか。

1919年の除隊後はシカゴに滞在し、King Oliverのバンドに参加する。1924年にこのバンドを抜けるまで、多くのレコーディングに参加した。1924年には自身のバンドも持っていたといわれる。1920年代後半は、Jonny DoddsやCarroll Dickersonのバンドに参加したほか、Louis Armstrong(1927年)のバンドにも加わった。

1930年に体調の悪化が原因で引退する。

サブコンテンツ

このページの先頭へ