Jim Robinson

基本情報
生年月日
1890/12/25(Deer Range, Louisiana)
命日
1976/05/04(New Orleans, Louisiana)
使用楽器
経歴

Jim Robinsonが最初に手にした楽器はギターであった。Pops Fosterの兄でバンジョー奏者であったWillie Fosterに習ったという。その後しばらくはギター奏者として活動を続けた。トロンボーンを吹き始めたのは、第一次世界大戦でフランスに配属された1917年で、この時にKid Renaと演奏をしたのがおそらく彼のトロンボーン奏者としてのデビューであると思われる。兵役を終えた1919年に故郷に戻るとSunny Henryにトロンボーンの奏法を教わった。そして、Lee CollinsのGolden Leaf Orchestraに加入。また、同じ頃Tuxedo Bandにも参加した。故郷ニューオリンズを中心に活躍した。

1923年にSam Morganのバンドに参加すると、このバンドの一員として1927年にはレコーディング。これがJim Robinsonの初録音となった。その後、1929年にSam Morganとともにシカゴに行く。このシカゴ行きは成功とは言えなかったようで、音楽的に認められることなくニューオリンズに帰る。

ニューオリンズに戻ったJim Robinsonは、プロの音楽家としては引退し、湾岸労働者として過ごした。Kid HowardやCapt. John Handyらとライブに出演することもあったようだが、おそらく1930年代は彼にとって不毛な時期であったに違いない。少なくとも、音楽面では不毛であった。脚光を浴びることなく10年間が過ぎた。

だが、1942年のBunk Johnson再発見で火が着いたリバイバルブームによって、Jim Robinsonの運命は大きく変わっていく。まずKid Renaの録音(1940年)に参加すると、1942年にはBunk Johnsonの初録音に参加。Bunkのバンドの人気は凄まじく、Jim Robinsonの名も知られるようになった。1946年にBunkのバンドの仲間であるGeorge Lewisのバンドに加入。ニューオリンズを中心に演奏を続けた。

1950年代はGeorge Lewisのバンドで過ごしたが、1960年にはRiversideレーベルに初のリーダー作を吹き込む。また、1961年から1975年まではPreservation Hallにレギュラーとして出演。Sweet Emma Barretのバンドで演奏をした他、彼女の死後はPercy Humphreyのバンドでも精力的に活動していた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ