Joe Venuti

基本情報
生年月日
1894(Lecco, Italy)
1903/09/16(Philadelphia, Pennsylvania?)
命日
1978/08/14(Seattle, Washington)
使用楽器
経歴

本名はGiuseppe Venutiという。イタリアのミラノの近郊にあるレッコという町で1894年に生まれたとする説と、1903年にフィラデルフィアで生まれたとする説がある。彼自身の語るところによると、イタリアからアメリカへの船の中で生まれたそうで、はたしてどの説が正しいのか頭が混乱してくる。ともかく、このイタリア系アメリカ人のヴァイオリン奏者は、その多感な少年時代をフィラデルフィアで過ごした。幼馴染のEddie Langはギター奏者で、幼い頃から二人でセッションをしていたようだ。ちなみに、Eddie Langとの交流は、1933年にLangが死ぬまで続いた。

1919年ごろにはアトランティック・シティでEddie Langと共に演奏していて、Red Nicholsのバンドで働くために二人でニューヨークに行ったこともあったという。Bert Eslowのクインテットに参加したのが1921年のことで、当然ながらこのバンドでもEddie Langと一緒であった。その後、1924年にはデトロイトでJean Goldketteの楽団に参加するが、ここでの録音がJoe VenutiとEddie Langの初録音となった。

1925年にニューヨークに移ってからも、その活躍は続き、1926年にはFrank TrumbauerやPaul Whiteman、さらにはHoagy Carmichaelなどとプレイする。室内楽的なサウンドで話題にもなったJoe Venuti’s Blue Fourの録音が1926年から1928年ごろのことで、Frank TrumbauerやAdrian Rollini、Jimmy Dorseyなどがこのセッションに参加している。1929年にPaul Whitemanの楽団に参加すると、数年間ここに在籍した。

1934年にバンドを率いてイギリスを訪問する。その後も自身のバンドを1940年代初頭まで維持した。バンドを解散後も、アメリカ西海岸を中心に演奏を続け、1953年の春には再度イギリスを訪問している。また、1950年代以降はラジオやテレビにも出演していて、とくにBing Crosbyのラジオ番組ではレギュラーの扱いであった。1960年代になってラスベガスやロスやシアトルで演奏を続けていたVenutiは、その後 1968年に発見され、この年のニューポート・ジャズ祭に出演している。その後、1970年に病気になるものの、見事に復帰し欧米のジャズ祭への出演やレコーディングなどをこなした。1970年代半ばにはZoot Simsとも録音している。

サブコンテンツ

このページの先頭へ