Johnny St. Cyr

基本情報
生年月日
1890/04/17(New Orleans, Louisiana)
命日
1966/06/17(Los Angeles, California)
使用楽器
,
経歴

初期の偉大なジャズの先駆者の一人である。知名度の上で、Louis ArmstrongやJohnny Dodds、Jelly Roll Morton等に劣るのは残念だが、それはおそらく楽器がバンジョー・ギターであったからに他ならない。

Johnny St. Cyr自身の記憶によると、1905年頃には既に、ニューオリンズでトリオのバンドを組み演奏活動を行っていたようだ。1923年にシカゴに移って以降は、King OliverやJelly Roll Mortonと活動し、さらにLouis ArmstrongのHot FiveやHot Sevenのセッションに参加するなど、20年代を代表する録音に参加した。

30年代の不況になると、彼は故郷のニューオリンズにもどり、Alphonse PicouやPaul Barbarinなど地元のミュージシャンと仕事をしていたとのことである。その後、ニューオリンズのリヴァイヴァルミュージシャンとして活発に活動するようになり、特に50年代はPaul Barbarinと定期的に演奏を続けるなど、音楽的にも充実していたようだ。1955年になるとロサンジェルスに移り、以後ディズニーランドなどで仕事をしていたが、1966年に白血病で亡くなった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ