Lorenzo Tio Jr.

基本情報
生年月日
1884(New Orleans, Louisiana)
命日
1933/12/24(New York)
使用楽器
,
経歴

Lorenzo Tio Jr.の一族は、まさにクラリネット一家であった。父親のLorenzo Tio Sr.や伯父のLuis Tioも、ニューオリンズの優れたクラリネット奏者として有名である。特筆すべきは、初期の優れたクラリネット奏者の多くがLorenzo Tio Jr.の弟子であったことだろう。例えばBarney BigardやAlbert Nicholas、Albert Burbunkがそうだ。さらにJimmie NooneとJohnny Doddsまでが彼の生徒だったというのだから驚きである。Sidney BechetもTioの教えを受けたことがあったらしい。

ニューオリンズのパレードのバンドでは9歳の頃から演奏し、1910年からはOnward Brass BandやExcelsior Brass Bandといったニューオリンズの一流ブラスバンドに参加した。1913年からはPapa Celestinと演奏。その後、1916年から1917年にかけては、シカゴに出てManuel Perezなどと演奏した。ニューオリンズに戻ってからはPapa Celestinのバンドに加わる。1918年から1928年にかけての10年間は、おもにArmand J. Pironのバンドで演奏をする。このバンドではニューヨークを訪れたこともあり、Cotton ClubやRoselandで演奏もしている。ちなみに、このバンドではビクターにいくつかの録音(1921年)を残している。

ニューオリンズに帰ってTuxedo Brass Bandに参加したというが、すぐにニューヨークに戻り自由契約で演奏活動を行った。蒸気船の上で演奏をしていたという話も残っている。1933年にニューヨークで死ぬまで音楽活動を続けた。

サブコンテンツ

このページの先頭へ