「映像や音源の紹介」の記事一覧



Check And Double Checkの演奏シーン

先日のエントリで触れた「Check And Double Check」について、Duke Ellington楽団による演奏シーンがYouTubeにあがっていましたので、ご紹介します。 ミュートを使ったトランペットセクショ・・・

Paul BarbarinのNew Orleans Jamboreeなど まとめ

ジャズボイラーズの小林さんから連絡があって、なにかなあ~と思ったら、「New Orleans Jamboree」がCD化された件についてのお問い合わせメールでした。ん、なんでボクに……?と思ったら、野良青年団のサイトに書・・・

Boswell Sistersの映像諸々

先日、Milles Brothersを紹介した際に言及していたBoswell Sistersの映像です。 Crazy People なかなかのスウィング感です。 Sleepy Time Down South ギターがEd・・・

Mills BrothersのTigar Rag

ジャズ系のコーラスグループと言えば、2,3年ほど前にAt The Jazz Band Ballで見て女性コーラスの Boswell Sistersを気に入り、音源をコンプリートしようと試みていたことがあります。 で、結局・・・

セサミストリートに出演するCab Calloway

またまた、YouTubeで見つけた動画ですが、Sesame StreetにCab Callowayが出演していたのは知りませんでした。Cabの歌に合いの手を入れるマペット(人形)がいい感じです。 Sesame Stree・・・

第4回 ファッツの名曲の数々をサッチモが演奏する

以下、連載コラム。 ルイ・アームストロングのオールスターズが、ファッツ・ウォーラーの名曲を取り上げたのがこのアルバム。録音されたのが1955年ですから、ファッツの死後10年近く経っていることになります。 ピアニストのファ・・・

第3回 アンサンブル主体のニューオルリンズ・リバイバル

以下、連載コラム。 19世紀後半から1910年代にかけてのバンク・ジョンソンは、驚くほど美しい音で吹いたと言われています。ニューオリンズジャズ史に残る、偉大なトランペット奏者と言えるでしょう。 残念なことに、かれが録音の・・・

第2回 ジェリーロールを再現した天才的トランペット奏者

以下、連載コラム。 ピアニストのジェリー・ロール・モートンは、「ジャズの創始者は自分である」と発言し、当時のジャズ批評家の反感をかってしまいました。しかし、1920年代に残されたその名演の数々は、かれの言葉がまんざらでた・・・

第1回 サッチモにしかできなかったこと

以下、連載コラム。 サッチモという愛称で親しまれているルイ・アームストロング。トランペット奏者としてのルイの偉業は知らなくとも、かれが歌う「ハロー・ドリー」や「マック・ザ・ナイフ」は聴いたことがあるかもしれません。とにか・・・

「Soul Union」連載コラムについて

「Soul Union」は、関東のトラッドジャズファンの会である「New Orleans Jazz Society」の機関紙です。この機関紙「Soul Union」ですが、創刊当時はなかなか記事が集まらなかったのか、私に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ