チャールストン(Charleston)

ジャズ・ダンスの一種。また、そのステップを指すこともある。

そもそもは、 James P. Johnson と Cecil Mack によって作詞作曲された歌曲に由来する。黒人たちによるレビュー「Running Wild」の中で、ダンスナンバーとして用いられた「Charleston」が大ヒットしたため、このダンスステップをチャールストンと呼ぶようになった。

このダンスはヨーロッパでも人気を呼び、その流行は、曲が発表された1923年から1930年代初頭まで続いた。1920年代を称して「チャールストン・エイジ」と表現されることもあるが、なんとも凄まじい流行であったようだ。

1960年頃にも一時的なリヴァイバルブームがあった。

サブコンテンツ

このページの先頭へ