シミーダンス(shimmy dance)

シュミーズ(chemise)がアメリカ南部の訛りでシミー(shimmy)となったのだと言う。

ジャズなどの音楽にあわせて、肩や上半身をゆさぶり、乳房を振るセクシーなダンスのことで、1930年代のコットン・クラブ(Cotton club)のショウなどでよく踊られていた。shim-sham-shimmyと言われることもある。

古いジャズの曲で、「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate」や「Shim-Me-Sha-Wabble」はこのダンスにちなんだ曲である。

サブコンテンツ

このページの先頭へ