Paul BarbarinのNew Orleans Jamboreeなど まとめ

ジャズボイラーズの小林さんから連絡があって、なにかなあ~と思ったら、「New Orleans Jamboree」がCD化された件についてのお問い合わせメールでした。ん、なんでボクに……?と思ったら、野良青年団のサイトに書いたコラムを見たとのこと……。
そういえば、そんな記事も書いたなあ……と記憶を辿ること数分。
「Rare Cuts – Well Done Vol. 3」の前半に「New Orleans Jamboree」の録音が含まれていたことを思い出し、メールを返信したのですが、「New Orleans Jambolee」のメンバーでの演奏、ボクも大好きだったんですよね。家に帰って改めて聴いてみたんですが、このバンドの演奏は神がかってます。「Tiger Rag」とか、なにかが憑いてるようにしか思えません……。
編成は、
Paul Barbarin (drums)
Willie Humphrey (clarinet)
John Brunious (trumpet)
Bobby Thomas (trombone)
Lester Santiago (piano)
Danny Barker (banjo)
です。
ちなみに、
これにベースにRicard Alexisを加えた編成でCDで2枚、
ベースにMilt Hintonを加えた編成でレコードが1枚出ているので、
こちらも合わせてお勧めです。
下記のリンクを参照。
Rare Cuts – Well Done Vol. 3
The Oxford Series Vol.15
The Oxford Series, Vol. 16
レコードの方は、AtlanticレーベルのものでMosaicから箱セットで出ていた「The Atlantic New Orleans Jazz Sessions」に入っていたんですが、こちらは廃盤のようですね。
さらに蛇足ですが、この編成での本当の意味での幻の録音は、Atlanticレーベルで録音されたもののCDにもレコードにもならずに、お蔵入りしてしまった1955年1月17日の「Honkey Tonk Town」と「Bill Bailey」ですね。この2曲は私も聴いたことありません。
※他にこの編成での録音を聴いたことがある人は、コメントをください。
※ニューオリンズのリバイバルジャズのマニアにはものすごい人がいるので、なにか情報がもらえないか期待してたりします。

関連記事

コメント

  1. 管理人さん、貴重な情報をありがとう。ずっと欲しかったJazzTone盤Paul Barbarin bandの音源が、CDで再発されてたという事実に感動、思わずJazz Crusadeさんに注文してしまいました(セキュリティは保証しないとか書いてあったので、郵便でw)。このブログ記事がきっかけで日本からの注文が殺到するのではないでしょうか、7通ぐらい・・・。
    このメンバーの3枚は本当に目のくらむようなグルーヴ感で、私も大好きです。George LewisやKid Thomasとも毛色が違うけど、ニューオリンズリバイバルという運動の一つの金字塔で、問答無用のおすすめ録音でしょう。
    調べたらこのメンバーに非常に近い録音を発見、”Recorded In New Orleans, Vol. 1″ (Good Time Jazz)
    http://www-v3.emusic.com/album/10591/10591698.html
    のtracks 4-6は、John Brunious (tp) Worthia Thomas (tb) Willie Humphrey (cl) Lester Santiago (p) Edmond “Doc” Souchon (bj) Richard Alexis (b) Paul Barbarin (d) のようです(録音1956、(「listen」がサンプル))。超人Danny Barkerの代わりに、可もなく不可もないDoc Souchonがbjひいてる模様。惜しい・・・。ちなみにAmazonのサンプル
    http://www.amazon.com/Recorded-New-Orleans-Vol-1/dp/B000000XP7
    のほうが少し長く聴けます(笑)

  2. 5年ぶりの投稿ですが、こんなのを見つけました。とぼけた曲です。Youtubeのkilkonojazzさんの投稿は凄いものが多いですね。
    Paul Barbarin: Big Bad Bully
    http://www.youtube.com/watch?v=UPoZbvC5G1M
    A seldom played composition of Paul Barbarin: John Brunious sr. tp, Bob Thomas tb, Willie Humphrey cl, Lester Santiago p, Danny Barker bj, Paul Barbarin d

サブコンテンツ

このページの先頭へ