Janet Klein and her Parlour Boys – Yiddish Hula Boy

Janet Klein and her Parlour Boys – Yiddish Hula Boy

最近、私の中で流行っているJanet Kleinの映像です。
1920年代から1930年代の唄をカバーして歌っている人で、アーリージャズファンとしてはたまりません。
マニアックな元ねた探しが楽しめますが、それだけでなく、なにしろチャーミングで楽しいんですよね。
今、一押しの一人です。

関連記事

コメント

  1. きょういち より:

    すごい!映像のつくりが凝ってるし、雰囲気もゴキゲンですね!(特にやたらアヤシイ感じとか)こんな歌手がいるんですか…。生で聴いてみたいっすね……

  2. おお、恭一くん。そうなのですよ。
    私もまだ生で聴く機会はないですが、日本にも何度か来ているみたいですね。
    ちなみに、今、Gyao(http://www.gyao.jp/)では、「銀座のカンカン娘」を唄うJanetの映像が見られるとのこと。

サブコンテンツ

このページの先頭へ